スポンサーサイト

2019.05.16 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    久しぶりの投稿です。

    2017.05.08 Monday

    0

      久しぶりの投稿です。

      今回も工事現場写真の投稿になりますが、

      少し写真を交えた工事工程のご紹介をいたします。

      基礎工事は省略します。

       

       


      躯体(構造体)工事


      今回の物件は枠組壁工法(ツーバイフォー)を採用しています。

      ツーバイフォーは筋交い、寸法違いの間柱や床根太が少なく、配列が等間隔でキレイです。

      まるでアメリカンテイストな小屋のようにも思えます。

       

      ツーバイフォーは面剛性で建物を構成します。

      床、壁、屋根に構造用合板を貼り、しっかりとした構造体を形成しています。

       

      この写真では既に窓が設置されていますね。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      石膏ボード貼り


      石膏ボードはクロス(壁紙)の下地でもあり、構造的に面剛性を確保するだけでなく、防火上も有効なものです。


       

      石膏ボードが貼って室内でお打ち合わせさせていただくと、お客様より、室内が暗いな。とお話を頂く事が多いですが、白系のクロスで壁を仕上げると、反射光が際立ち、室内印象が明るく良くなります。

       

      今回は構造梁も石膏ボードで包んでいます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      内装仕上げ


      クロス(壁紙)貼り、フローリング貼りを経て完成です。

       


      明るい室内になりましたね。

      今回は、天井に米杉を貼りました。お施主様のセンスが光ります。

       

       

      このように天井材を生かしたいときには、構造梁を木のまま表現するよりも、クロスを貼って表現させないほうが良いスパイスになります。

      すっきりとしたメリハリの有る印象になりました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ロフト。

      空間演出効果大です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ファンは、意匠性だけでなく、空気の流動を促します。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      写真のように、天を向いているもの(床材、カウンター、階段の段板)。

      下を向いているもの(天井材)には、木を表現して上げます。

      壁はできるだけ1色。

      壁は常に視界に入り、そこには家具や置物が据えられます。それらはカラーを持っています。

      お引っ越しされたら、お手持ちのもので発色されます。

      そのため、あえて壁はできるだけ白く、1色だけでの構成をおすすめしています。

      弊社では、スッキリとしてるけれども、どこか木の暖かみのある住まいづくりをご提案しています。

       

      http://www.zen-kenchiku.co.jp/

      外構工事

      2017.02.13 Monday

      0

        こちらは別の鵠沼エリアの現場。

        外構工事中です。

         

        今回はデザインでカーポートのモルタル打ち部分をアールにしました。

        建物は角張って構成されますので、外構でアールな部分を造ってあげると、全体的に柔らかさが出ます。

        仕上がりが楽しみです。

         

        鵠沼エリアの新築現場

        2017.02.13 Monday

        0

          今日も天気良く、暖かいです。

          ダウンジャケットではやや暑く感じました。

          鵠沼エリアの新築現場、いよいよ大工さんが乗り込み、土台から造って行きます。

           

           

          鵠沼エリアの新築現場

          2017.02.13 Monday

          0

            鵠沼エリアの新築現場、基礎のコンクリートが固まり、型枠を外しました。

             

            鵠沼エリアの新築現場

            2017.01.19 Thursday

            0

              鵠沼エリアの新築現場、基礎の配筋が完了しました。

              早速現地で施工チェック。

              キレイに図面通りに施工されていました。

              この後、コンクリートを流し込み、鉄筋コンクリート造の基礎が完成します。

               

              2017

              2017.01.13 Friday

              0

                皆様明けましておめでとうございます。

                本年も宜しくお願い申し上げます。

                新年がスタートしました。

                弊社は世間よりやや長いお休みを頂いておりました。

                先日10日より営業開始しました。

                 

                改めて、営業日のご案内

                営業日:月〜土(8:30〜18:00)

                休日:日、祝日

                 

                 

                 

                鵠沼エリアにて、新築現場がスタートです。

                 

                基礎工事前の根切り工事。

                周り木の囲いのようなものを見受ける事が多いですが、

                これは、水杭と水貫といい、遣り方(やりかた)工事項目に該当し、

                設定GL(基準となる地面の高さ)を写したり、建物の基礎の通りを示す糸を固定するとても大切なものになります。

                街で見掛けても決して、いたずらしないようお願いします。笑

                 

                明るく、伸びやかに。

                2016.05.23 Monday

                0
                  ゴールデンウィークも終わり、そろそろ梅雨入り前。のはずですが、今日は夏のような暑さです。

                  間もなく竣工する現場に行きました。
                  パイン材の床は柔らかく、お子様にも優しい素材です。
                  また、室内を明るい印象にします。
                  パイン材は経年により徐々に色がキャメル色に変化して行きます。
                  それがまた、味になっていきます。

                  弊社では建具も木製で手作りです。
                  建具枠に赤松集成材を使い、透明な塗装をしています。
                  それによって室内全体に木のあたたかみをさりげなく演出しています。
                  こちらも経年により徐々に色がキャメル色に変化して行きます。

                  弊社では、人と家とが共に年を重ね、味わい深く、楽しめる家づくりをご提案しています。


                  吹抜けがあると、広く感じ、また、1階リビングでも高所から光を取り込めます。


                  木の茶色、壁の白。あえて2色しか無いのは、家具で色づけできるように。


                  ストリップ階段。空間を遮ること無くさりげないものにします。


                  http://www.zen-kenchiku.co.jp/

                  間仕切り&ロフトの増築

                  2015.09.30 Wednesday

                  0
                    いよいよ秋らしく、気がつけば夕方17時過ぎたら暗くなってきましたね。

                    今回、以前弊社で新築されたお客様のご要望より、
                    2階の二部屋を壁で仕切り、小屋裏空間にロフトを造りました。



                    ビフォーの写真。一部屋にドアが2つありますね。新築計画段階から将来間仕切りを設置する意図が汲み取れます。




                    まずはロフト作成のため、既存天井を取り除きます。



                    取り除かれた天井の空間に新しくロフトの床を組み、間仕切りを施工していきます。
                    そして電気の再配線も忘れずに施工します。




                    石膏ボードを貼っていきます。




                    ロフトの落下防止柵には、お客様がご使用していたベッドヘッドを再利用します。
                    エコですね!




                    石膏ボードの上にクロス貼り+床仕上げ材を貼ったら完成です!





                    はしごは大工さん作成(SPF材)です。
                    シンプルに見えるのは、単純にビスで組むのではなく、大工さんのひと手間がかかっているからです。




                    こちらは反対側のお部屋。

                    とてもキレイに仕上がっています。

                    今回のリフォームのように、
                    生活スタイルの変化に伴って家のスタイルも変化していくというのは、
                    まさに「家とともに暮らす」ということかもしれませんね。

                     

                    唐松板張り外壁の現場

                    2015.08.27 Thursday

                    0
                      森林に囲まれた現場です。
                      森林と唐松の外壁がとてもマッチしています。
                      この唐松の外壁は大工さんが一枚一枚長さをカットして貼っていきます。
                      塗装はクリア塗装のみで材料の素材色がきれいです。
                      またこの材は雨水が上手に流れるような加工になっております。





                      立地的には住宅街ではなく、別荘地にも思えますが、、、、、。


                      大丈夫!藤沢です。



                      大丈夫!履いています!ではないですが。


                      まだまだ藤沢にも森林はあるんですね。





                      間もなく竣工です。



                      唐松のご説明はこちらより。
                      http://www.zen-kenchiku.co.jp/img/index/karamatsu.pdf

                      弊社ホームページ:http://www.zen-kenchiku.co.jp/




                       

                      江ノ島納涼花火大会

                      2015.08.19 Wednesday

                      0
                        機能は江ノ島納涼花火大会ということで見てきました。
                        今年は鵠沼のサーフビレッジから見ました。ちょっと遠いですが、きれいでした。




                        ちっさい(汗)