スポンサーサイト

2019.05.16 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    RENOVATION@鵠沼藤が谷

    2019.05.16 Thursday

    0

      築30数年の一戸建て住宅をリフォームしました。

       

      床はパイン材。壁天井はビニールクロスですが、なるべく目の目立たない一見塗装した壁のよう。

       

      キッチンはお施主様のオーダーより、造作キッチンとしました。

       

      カウンター材はメルクシパインで、床と統一感を持たせました。

       

      今回ミニマムな間取りの為、玄関ホールという概念を無くし一室でありながら、プライバシーを確保できるようにしました。

       

      元々の掃き出し窓から明かりが良く入る玄関スペースとなりました。

       

      ミニマムな暮らし、魅力的ですね。

       

       

      玄関との高低差を利用して、来客時にも室内が見えないように配慮。天井までの壁としないことで圧迫感を出さないようにしています。

      この小壁の裏面は下駄箱です。

       

       

      天を向いている床やカウンター以外はすべてホワイトで統一した空間です。

       

      より一層奥行き感を演出するために幅のある4枚建てサッシを採用しました。右手のサッシは既存サッシ。クリーニング後でピカピカです。

       

      オーダーキッチン。シンクやコンロ下を有意義に自分好みに収納できます。

       

       

       

       

       

       

      洗面スペース。階段下の立体感がクロスの色を際立たせます。変化があって楽しい印象に。

       

       

      お施主様のご希望の壁と照明。照明は元から保有されているもので、同じ柄の壁をご希望との事でした。

       

       

       

       

       

       

      スポンサーサイト

      2019.05.16 Thursday

      0
        コメント
        コメントする