突然の豪雨

2017.07.18 Tuesday

0

    施工中の現場へ行ってきました。

    外壁の唐松がキレイに張り終えています。

     

    こちらは、信州の唐松というmade in japanの材料です。レッドシダーよりも堅い木なので耐久性が期待できます。

     

    ↓↓↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

    http://www.zen-kenchiku.co.jp/img/index/karamatsu.pdf

     

    唐松は濃いめのカラーで仕上げます。

    板は横張りで、破風、サッシはホワイトにして、アーリーアメリカンなテイストを表現しました。

     

    このテイストは、やればやる程どこまでも表現出来ますが、

    丁度良い具合に納まりました。

     

    物事には、「丁度良い」という、なんとも説明し難い絶妙なラインが数多く存在します。

    建物も同様に「丁度良い」が存在すると考えます。

    多種多様なデザインの現代建物に囲まれた条件下で、表現しすぎては浮いてしまう。

    表現しなさすぎてもつまらない。などのMAX〜MINの中でMIDはどこか。を考えます。

     

    ただ、建物は飽くまでも人が暮らすためのもの。

    建物が主役ではなく、主役は人で、その人を雨風からしのぐためのもの。

    ですから、主張し過ぎないことが丁度良いと考えます。

     

    足場が取れるのが楽しみです。

     

     

    現場を出て、暫くしたら、突然の豪雨と雷。

    道路側溝もオーバーフローしてました。

     

     

     

     

    ↓↓↓↓その他、弊社施工例はこちら↓↓↓↓

    http://www.zen-kenchiku.co.jp/new-house.html

     

    ↓↓↓↓随時新築のご相談受付中↓↓↓↓

    http://www.zen-kenchiku.co.jp/contact.html

     

     

    スポンサーサイト

    2018.04.17 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする